スタッフメモ 2019年初頭、ビリー・アイリッシュと彼女の急速に増加するファンを、約30年前のニルヴァーナでの経験になぞらえたことで音楽ファンを驚かせたのはデイヴ・グロールだった。「うちの娘たちはビリー・アイリッシュを聴いて、彼女の音楽を通して自分らしさを見出している」と彼は述べた。「それはまるで、俺が彼女たちくらいの頃に経験した革命と同じなんだ」。それから、アイリッシュは後にApple Music Awardを受賞することとなるデビューアルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」を3月にリリース。グロールが予見したように、今の時代に不可欠な形で若者に語りかける、彼らの代弁者となった。

実際に"Smells Like Teen Spirit"以降、ポップがこんなにも自然とオルタナティブに感じられ、その逆もまたしかりであったことはないだろう。その大部分は、"bad guy"で感じ取ることができるような、従来のジャンルへの考え方やそれに付随する美学を覆す彼女のパンク風のアプローチのおかげだ。夜行性のベースサウンドや、遊び心に満ちた口ずさみやすいメロディからなる同曲は、まるで彼女があなただけのために歌い、ささやいているかのように表現されている。また、オフィシャルリミックスにジャスティン・ビーバーがフィーチャーされたことは、より幅広い層へアピールするだけでなく、彼女の急激な躍進を物語っている。たとえどんな形であれ、十代の悩みは永遠なのだ。

3:57
 
3:29
 
2:26
 
3:11
 
5:08
 
3:21
 
4:33
 
3:04
 
3:15
 
3:07
 
3:17
 
4:20
 
2:05
 
3:57
 
3:04
 
2:31
 
2:57
 
III
3:36
 
4:05
 
3:43
 
3:02
 
2:57
 
3:25
 
3:01
 
3:00
 
3:26
 
3:39
 
3:17
 
4:34
 
4:28
 
2:51
 
3:43
 
3:07
 
4:23
 
3:22
 
3:04
 
404
2:56
 
3:05
 
3:25
 
3:12
 
Cry
4:46
 
3:44
 
3:33
 
4:09
 
5:15
 
2:38
 
3:23
 
2:48
 

おすすめアーティスト