SHE'S
SHE'S

SHE'S

SHE'Sについて

温かみのある丁寧なメロディ、それに美しいピアノの響き。SHE'Sというバンドには、数多のアーティストを押しのけるほどの魅力にあふれている。

たとえば透明感のあるコーラスを持つバラードの「Letter」。あるいは澄みわたるバンドサウンドも印象的な「White」。彼らの音楽の中心には井上竜馬のボーカルとピアノがあり、その繊細な響きと抑揚に重きが置かれている。幼少期からピアノを習っていた井上は14歳の時にロックに目覚めてギターを始め、2011年に結成したこのピアノロックバンドと共に音楽人生を歩んできた。多くのメロディや音色に親しんできた才能である。

メンバー全員が大阪出身の4人組。2012年に「閃光ライオット」でファイナリストに選ばれ、2016年にメジャーデビュー。以降、彼らは作品制作に加え、ライブ活動やワンマン公演やイベントの開催、フェスへの出演など精力的に続けている。一体感のある演奏と自分たちの姿勢を貫くことを忘れず、どんなステージでもその場は美しい楽曲たちの世界に浸れる空間となる。ダンサブルでドラマチックな「歓びの陽」のような曲もあるが、ほとんどはスローからミディアムテンポのナンバーで、聴き手はその表現にじっくりと向かい合う。

SHE'Sの音楽には、若い世代特有の揺れ動く心理の機微が投影されている。その中では切なさや苦みを感じさせる瞬間もありながら、最後にはポジティブな余韻を残してくれる。それに救われるような感覚を見いだしているリスナーは、きっと多いはずだ。

同じタイプのアーティスト