Sam Feldt

最新リリース

アーティストプレイリスト

Sam Feldtについて

暦の上ではどうであれ、Sam Feldtの奏でる音楽はいつだって夏だ。オランダ出身のプロデューサー、Sam Feldtはトロピカルハウスのムードとビッグルームのドラム、そして、巧みなポップのソングライティングを融合して、夕焼けのように輝くサウンドを作り出す。1993年にオランダで生まれたFeldtは、2014年にオランダ語で“開花”を意味するタイトルの楽曲「Bloesem」からキャリアをスタート。快活なフルートのサウンドと陽気なレゲエのバックビートで、黎明(れいめい)期のメロディックハウスシーンならではの大らかな精神を表現した。それから数年間、彼はトロピカルハウスのオーガニックな境界を広げ続けた。「Show Me Love」では自然を喚起する鳥のさえずりをサウンドに織り込み、「Been a While」はきらめくアコースティックギターにトランペットが絡み合う。2017年リリースのダブルアルバム『Sunrise to Sunset』では、よりスケールの大きい大胆なポップのソングライティングへとレベルアップし、ディスク1ではメインステージで好まれるサウンドを展開し、ディスク2ではよりメロウでセンチメンタルなヴァイブスへと徐々に移行してみせた。その後は、「Gold」のアコースティックなアクセントや、「Hide & Seek」のUKガラージのリズム、「2 Hearts」の大胆で華麗なホーンのフレーズなど、シングルのリリースを通して自身の音楽性を外へと推し進めた。たとえどのようなスタイルや楽器編成であっても、Feldtの音楽に広がるムードは常にアップビートだ。彼の音楽は結局のところ、シンプルかつパワフルな組み合わせに集約される。本人がApple Musicに語ったように、「エモーショナルで、メロディックで、心地よい夏のヴァイブスが満載」だ。

出身地
Boxtel, North Brabant, Netherlands
生年月日
1993年8月1日
ジャンル
ダンス
国または地域を選択

アフリカ、中東、インド

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ、カリブ海地域

米国およびカナダ