HYDE
HYDE

HYDE

HYDEについて

HYDEの音楽には一人のアーティストとしての色濃い世界観が宿っている。L’Arc~en~Cielのシンガーとして知られる彼だが、バンドとは一線を画したソロ初期は“静”をテーマにした作品を展開。2001年のデビュー曲「evergreen」を収録したファーストアルバム『ROENTGEN』(2002年)では内省的な表現をつづり、強烈なインパクトを放った。やがて4作目のシングル「HELLO」(2003年)以降はハードな“動”の路線にシフトし、これが2008年のVAMPS結成へと発展。しかし時を経て2021年には再び“静”をイメージしたオーケストラとのライブを敢行した。彼のアーティスティックな創造性はこうした振り幅の中から生まれている。

同じタイプのアーティスト