DJ RYOW
DJ RYOW

DJ RYOW

DJ RYOWについて

クラブの現場で培ってきたセンスとスキルを武器に、日本のヒップホップシーンの濃厚な部分を抽出して形にする実力派、DJ RYOW。

1990年代から名古屋のヒップホップシーンを中心に活躍してきた彼のプロデューサー/トラックメイカーとしてのキャリアを語るときに、2005年リリースのコンピレーションアルバム『SHOW MUST GO ON』収録の「WHO ARE U?」を欠かすことはできない。名古屋が生んだラップレジェンドとして知られるTOKONA-Xが、最後にレコーディングしたのがこの曲のラップだからだ。クラブのフロアで映える重いビートとTOKONA-Xのパワフルなラップが印象的なこの曲は、さまざまなラッパーをフィーチャーしてリメイクされ、名古屋のヒップホップを代表するアンセムとなっている。

長年にわたってクラブのDJブースに立ち続けてフロアを揺らしてきたDJ RYOWの作品は純度100パーセントのヒップホップであると同時に、その時期のヒップホップのサウンドの動向や、旬なラッパーの顔ぶれを知ることができるショウケースのような機能も果たしている。シーンに君臨するベテランからフレッシュなタレントまで、彼のフィルターを通したヒップホップシーンのディープな魅力が、ヘビー級のトラックとともに堪能できる。

同じタイプのアーティスト