Ava Max
Ava Max

Ava Max

Ava Maxについて

2018年にクラブヒットチューン「Sweet but Psycho」が世界各国のチャートを急上昇する少し前、シンガーソングライターのAva Maxは、音楽の仕事を辞めかけていたという。「もう15年も活動を続けていたから、もしこの曲が売れなかったら、別の仕事を選ばなければと思っていた」と、彼女はApple Musicに語っている。しかし、彼女が生み出すしなやかなフレーズと、一つの音節で誘惑と攻撃の両方を表現する甘く力強い歌声で、長年の努力はついに報われたのだ。

1994年生まれのアルバニア系アメリカ人のMax(本名Amanda Koci)は、ウィスコンシン州とヴァージニア州で育った後、音楽の道へと進むために14歳と17歳の時の2度にわたってロサンゼルスに引っ越した。それから数年の間、彼女はデモを配り続けたが、レーベルやプロデューサーたちの目に留まることはなかった。

しかし2014年、彼女はプロデューサー/ソングライターのCirkutに出会い、彼の助けによって自分だけの歌声を見いだすこととなる。彼女はアーティスト名を女性らしさと雄々しさの両方を表すAva Maxに決め、左右の長さが違う“マックスカット”というヘアスタイルにして変身を遂げた。このような二項対立のテーマは、女性の意志の強さを描いた「Sweet but Psycho」や、2020年のデビューアルバム『Heaven & Hell』など、音楽面にも及んでいる。デビュー作は「Kings & Queens」のようなレディー・ガガ風の明るいディスコアンセムと、「Salt」のようなダークなダンスポップの2つに分かれたコンセプトアルバムとなっており、「あなたらしくいること」「諦めないこと」という2つのパワフルなメッセージを伝えてくれる。彼女は言う。「女性のエンパワーメントについて語ったり、自分の声がここまで影響力を持つようになったのは、多くの困難を乗り越えてきたから」

  • 出身地
    Wisconsin
  • 生年月日
    1994年2月16日

同じタイプのアーティスト