赤い公園
赤い公園

赤い公園

赤い公園について

トリッキーな楽曲展開で感情の起伏を描きながら、キャッチーなバランス感覚も備えたオルタナティブロックバンド。デビュー時のメンバーは佐藤千明(Vo)、津野米咲(G)、藤本ひかり(B)、歌川菜穂(Dr)で、2012年に『Toumei Nanoka Kuro Nanoka』『ランドリーで漂白を』というミニアルバムの連作でメジャーデビューを果たした。後に佐藤に代わって石野理子(Vo)が加入し活動を続けるが、メインソングライターの津野が急逝し、2021年に惜しまれながら解散した。

同じタイプのアーティスト