槇原敬之
槇原敬之

槇原敬之

槇原敬之について

心が温かくなるライフソングを歌うシンガーソングライター、槇原敬之。

1969年生まれ、大阪出身。高校生のころから音楽家として頭角を現し、1990年にデビュー。翌年発表のシングル『どんなときも。』でブレイクし、「もう恋なんてしない」(1992年)、「SPY」(1994年)など恋愛心理を巧みに描く歌で人気を高めた。そしてキャリアを重ねると人生の機微を優しい視点で描くメッセージソングが増え、幅広い年代の心をつかんでいく。

楽曲制作においては歌詞を先に書くスタイルを取り、物語性豊かな歌を生み出す。卓越したメロディセンスや楽曲の世界観を作り込むプロデュースワークにも定評がある。他アーティストに楽曲提供することも多く、中でもSMAPに提供した「世界に一つだけの花」(2002年)は2000年代を象徴する大ヒットになり、後に槇原本人によるセルフカバーもリリースされた。

日常の出来事などの普遍的なテーマを柔らかな歌声で語りかけるように歌う槇原敬之。その歌はいつのときも人の心に優しく寄り添っている。

同じタイプのアーティスト