森山直太朗
森山直太朗

森山直太朗

森山直太朗について

森山直太朗の歌にはどこか懐かしいぬくもりがあり、同時にハッとするような斬新さも宿る。1976年東京生まれ、フォークシンガーの森山良子を母に持つ。音楽に囲まれて育ったが、幼少期からサッカーに夢中だったため、本格的に音楽を始めたのは大学に入ってから。2002年にメジャーデビューし、翌年発表したシングル「さくら(独唱)」がミリオンヒットを記録した。同曲は卒業ソングとして長く親しまれ、学校の教科書にも取り上げられた。

美しいファルセットを操る歌唱力に定評があり、作品ごとに多彩なプロデューサーを迎えてバリエーション豊かな楽曲を発表する。生きることの意味や人間の本質を見つめ、示唆に富んだメッセージを軽やかなユーモアを交えて描く歌詞も魅力で、そのほとんどを詩人の御徒町凧と共作している。俳優業やSNSを使ったユニークな発信など新しい分野にも積極的に挑戦し、独特の存在感を放つ。そのあふれる好奇心と豊かな感性が、森山直太朗の重厚かつ軽妙な歌の世界を奥深いものにしている。

同じタイプのアーティスト