柴咲コウ
柴咲コウ

柴咲コウ

柴咲コウについて

凜とした姿勢でさまざまな表現に挑むシンガー/俳優、柴咲コウ。1998年に俳優デビュー。ミステリアスな佇まいで独特の存在感を放ち、映画やテレビドラマで活躍する。2002年にシンガーとしてデビューし、翌年、映画の劇中で演じた歌姫RUIの名でリリースした「月のしずく」が大ヒット。透明感のある歌声で切ない物語を描いた。

その後もドラマ主題歌「かたちあるもの」(2004年)などヒットを放ち、俳優業と並行してシンガーとしても輝かしいキャリアを重ねていく。多くの楽曲で作詞も手掛け、作詞家としても高い評価を得た。ドラマで共演した福山雅治とのユニットKOH+や、DECO*27とTeddyLoidと組んだユニットgalaxias!のメンバーとしても活動する。

芸能活動20周年を迎えた2018年には、グローバルのアーティスト名義MuseKでも活動していくことを発表。サウンドプロデューサーのJazztronik(野崎良太)と優美な歌の世界を築いている。

同じタイプのアーティスト