星野源
星野源

星野源

星野源について

「外側にちゃんと向いている音楽を作りたい」。シンガーソングライターの星野源は、自身がDJを務めるApple Musicのラジオ番組『Inner Visions Hour』でそう語る。

1981年生まれ、埼玉出身。2000年にインストゥルメンタルバンド、SAKEROCKを結成し、リーダーを務める。“音楽のお父さん”と星野が慕う細野晴臣の誘いもあり、2010年に本格的な歌ものに初挑戦したアルバム『ばかのうた』でソロデビュー。自身の人生観や死生観を反映した奥深い歌が高い評価を得た。

その後「SUN」(2015年)など数々のヒット曲を放ち、2015年に4作目のアルバム『YELLOW DANCER』を発表。日本人の情感をもってソウル/R&Bのグルーヴを紡ぎ、音楽性の高さとポップスとしての間口の広さを両立させ、アレンジャーとしての手腕も高く評価される。

自身が出演するテレビドラマの主題歌となった「恋」(2016年)は、楽曲に合わせて踊る“恋ダンス”とともに空前のブームを巻き起こし、星野源を国民的シンガーに押し上げた。その「恋」も収録した5作目のアルバム『POP VIRUS』(2018年)は、『YELLOW DANCER』で示した日本的な情感とブラックミュージックの融合を推し進め、さらに世界のトレンドと共振する先鋭的なビート/グルーヴ感を加え、J-Popの新たな可能性を切り開いた。

日本を代表するトップアーティストとなった星野源だが、『POP VIRUS』リリース後は自分の限界を感じ、葛藤していたという。そしてアーティスト活動の休止を考えていたころ、海外へ放浪の旅に出る。そこで出会ったさまざまな国の人々に視界を広げられ、次なる創造の原動力を得た。

自分の周りには広い世界がある。そう感じた星野源は、世界へ向けた発信を積極的に進めていく。2019年には初の英語詞曲「Same Thing (feat. Superorganism)」に挑戦。ワールドツアーを行い、横浜とニューヨーク公演でイギリス出身の世界的DJ/プロデューサー、マーク・ロンソンと共演を果たす。また同年、Apple MusicのラジオステーションBeats 1(現Apple Music 1)にて、日本人アーティストとして初めて自身の番組『Pop Virus Radio』を世界に向けて配信した。

2021年に発表した『不思議/創造』は、クリエイターとしてのネクストステージを示す作品となった。そこに至る経緯を彼はこう説明する。「たとえばApple Musicのカタログを見ると、ここにはあらゆる時代の音楽がある。そして、その音楽がちゃんと世界に——世界とは“World”と“世の中全体”という意味があるのだけど——向いたものか、それとも内側を向いて小さくまとまったものかというのは、音の広がりで分かるんですよね。そこで自分はちゃんと世界に向いていたいと意識して制作するようになりました」

激しく変動する時代の波にもまれながら、星野源は今を生きる自分の表現を追求する。「俺は、俺が生きてる今の叫びみたいなものをちゃんと入れるぞっていう心持ちがこの数年ですごくはっきりした。そうすることで自分が成長できたのでそれはとても良かったですね」。そう語る星野源の音楽が、日本のエンターテインメントを進化させていく。

同じタイプのアーティスト