山崎まさよし
山崎まさよし

山崎まさよし

山崎まさよしについて

ブルージーなソングライティングと、味わい深いビブラートの歌唱法によって確固たる存在感を示し続けるシンガーソングライター、山崎まさよし。デルタブルースを背景としながら、ロックやソウル、ジャズ、南米やヨーロッパのトラッドミュージックなどを自由自在に咀嚼(そしゃく)、吸収し、人間らしい悲哀をつぶさに捉えた歌詞を情緒豊かに、またあるときはコミカルに歌い上げる。

下積み時代を経て1995年にシングル曲「月明かりに照らされて」でメジャーデビューを果たすと、その後は「One more time, One more chance」「僕はここにいる」といったヒット曲にも恵まれ、広く認知を獲得する。また21世紀に入ってからは、人気ビデオゲームの主題歌「メヌエット」や、自身が主演した映画のテーマ曲「8月のクリスマス」、そして他アーティストとのコラボレーションなど、さらに表現のレンジを押し広げていった。2021年には、実に24年ぶりとなるシリーズ作品のアルバム第3弾『STEREO 3』を発表している。

同じタイプのアーティスト