小泉今日子
小泉今日子

小泉今日子

小泉今日子について

小泉今日子は常に異端、そして最先端の存在であり続ける。1966年、神奈川県厚木市に生まれ、1982年にアイドルシンガーとしてデビュー。“花の82年組”を代表する一人として絶大な人気を誇りながらも、早々に既存のアイドル像から抜け出し、驚くようなイメージを打ち出していく。アイドルである自身への批評性を持ってポップに歌う「なんてったってアイドル」(1985年)はその代表曲。俳優としてもチャーミングな魅力を発揮し、自身が出演する映画やドラマの主題歌も次々とヒットさせた。

1990年前後からはサブカルチャー系のクリエイターと先鋭的な作品を発表。近田春夫がプロデュースし、ニューヨークハウスシーンと接近した「Fade Out」(1989年)など、時代を何歩も先取りしていた楽曲は、2020年代に入り改めて高い評価を獲得している。

アイドルとして、女優として、一人の女性として、異端であることを恐れずに独自の道を切り開き続けた彼女は、いつしかその存在自体がインディペンデントな生き方を模索する人々の希望となっていく。近年はプロデューサー業にも力を入れ、日本のエンターテインメントシーンを表と裏から支えている。

同じタイプのアーティスト