大森靖子

最新リリース

アルバム

アーティストプレイリスト

  • はじめての 大森靖子
  • 大森靖子:隠れた名曲

ベストアルバム、その他

大森靖子について

自身を“超歌手”と称し、激情に満ちたエモーショナルなパフォーマンスでリスナーを魅了する大森靖子。時に過剰に感じられるほど生々しく表現される大森の作品は、聴き手を選ぶものであることは間違いない。速射砲のような歌唱スタイルも含め、他のアーティストには到底まねできない音楽の力が宿っている。

愛媛県出身の大森は、美大進学とともに上京し、高円寺を拠点に弾き語りスタイルでのライブ活動を始める。少女のころから青春時代にかけて周囲になじめなかった思いや、時にはディープなトラウマまでを明かしながら、大森は全身全霊で歌を書き、叫び、ギターを鳴らす。活動初期はあまりにも赤裸々に叫びながら歌うために“激情派”と呼ばれることが多かった。2014年にメジャーデビューを果たしてからは、リアルな感情をえぐり出す2015年の「マジックミラー」など、大森の作風は徐々に発展を遂げていく。

また、J-Popに傾倒した彼女自身の幼き日々が重なる「ノスタルジックJ-pop」や、大ファンであることを公言する道重さゆみにささげた「ミッドナイト清純異性交友」など、自身のルーツをストレートに表現するのも大森の持ち味の一つといえる。のめり込んだ時期があるという銀杏BOYZとはライブでの共演が実現し、その後、峯田和伸をフィーチャーした楽曲「Re:Re:Love」も生まれている。

心の底にある大切なものや傷などをさらけ出した彼女の歌は、リスナーの心を救うことも多いだろう。そしてその人の人生すらも救う役目を果たすかもしれない。大森の激烈な歌には、それだけのパワーとエネルギーがある。