中村佳穂
中村佳穂

中村佳穂

中村佳穂について

21世紀の音楽シーンに現れた天性の才能を誇るシンガーソングライター、中村佳穂。彼女は音楽の海の中で限りなく自由であり、その奔放さでもって、最大級のエネルギーを放出する。中村佳穂の存在が多くのリスナーに認知されたのは、2021年夏に公開されたアニメ映画『竜とそばかすの姫』を通じてであった。元々中村のファンだったという細田守監督は、この映画の主役の声優として彼女を選出。劇中では歌が大きくフィーチャーされる場面もあり、その楽曲「U」はmillennium parade × Belle(中村佳穂)の名義でヒットを記録する。緻密に練り上げられ、しかもスケールの大きなこの曲は、躍動感と生命力に満ちた中村の歌声を広く知らしめるものとなった。

彼女が生み出す音楽が破格で、他のどのアーティストにも似つかぬ世界であることは、熱心なファンや音楽関係者の間ではデビュー当初から語られていた。特に評価を高めたのは2018年リリースのセカンドアルバム『AINOU』。同作に収録された「きっとね!」に顕著なように、中村が編み出すメロディや歌はまるでアドリブ演奏から生まれてくるかのようにナチュラルで、形式にとらわれるようなことがない。いわばジャムセッション的な感覚が常態化した音楽ともいえるが、それと同時に彼女は「永い言い訳」のように美しいメロディを心に染み込む声で聴かせてしまうスタンダードな魅力も併せ持っている。ポップス、ジャズ、クラシック、エレクトロなど、多様な要素が予測不能に行き交うこの才能の大きさは、簡単には把握できないだろう。

中村が音楽と共に発するオーラは、歌とピアノによる圧倒的なパフォーマンスなどの共通項もあり、しばしば矢野顕子と並び称されている。心を解き放って、中村佳穂の音楽の真髄に触れてみよう。

同じタイプのアーティスト