リトル・ミックス
リトル・ミックス

リトル・ミックス

リトル・ミックスについて

有名プロデューサーのサイモン・コーウェルが手掛けたイギリス版のリアリティオーディション番組『The X Factor』で初めて優勝したグループとして、リトル・ミックスは2011年の結成の時点ですでにハードルを高くしていた。結成以来、この4人組(2020年末にジェシーが脱退し、現在は3人組)は、各メンバーが個性を惜しみなく発揮。そこから生まれるエネルギッシュなポップは、2010年代の移り変わりの激しいトレンドにもフィットし、彼女たちは周囲の期待以上の活躍を見せてきた。

ペリー・エドワーズ、ジェシー・ネルソン、レイ・アン・ピノック、ジェイド・サールウォールは、それぞれがソロシンガーとして『The X Factor』のオーディションを受けたが、番組の初期の段階でグループとなり、ハーモニーとカリスマ性で彼女たちは視聴者の心をつかんだ。

2012年のデビューアルバムからのファーストシングル「Wings」は、彼女たちの名刺代わりとなる理想的な幕開けだった。エネルギッシュなビートと思わず歌いたくなるコーラスが、曲のテーマであるエンパワーメントを全面に押し出している。以降、彼女たちはスパイス・ガールズやDestiny's Childのような自信に満ちたガールズグループや、ジャネット・ジャクソンやリアーナのような先進的なシンガーの姿を目指すようになる。体を揺らすビートにストレートな歌詞を融合させた楽曲、例えば、きらびやかな「Black Magic」、挑戦的な「Shout Out to My Ex」、2017年のStormzyとのカオティックなコラボレーション曲「Power」といったシングルの数々には、彼女たちの音楽の魅力があふれている。

そして2020年、次世代グループを誕生させるためにメンターとしてサポートしたリアリティテレビ番組『Little Mix: The Search』と、ニューアルバム『Confetti』のリリースでグループのレガシーを確かなものとした。世界中の女性たちをエネルギーに満ちたダンサブルなポップの力で元気づけるという2010年代初頭の結成時からの目標を、リトル・ミックスは行動で示してみせたのだった。

  • 出身地
    London, England
  • 結成
    2011

同じタイプのアーティスト