マイケル・ブーブレ
マイケル・ブーブレ

マイケル・ブーブレ

マイケル・ブーブレについて

マイケル・ブーブレがフランク・シナトラに例えられるまで、そう時間はかからなかった。シナトラ同様、ブーブレも古風なエンターテイナーで、観客との心の通い合いを大切にするタイプのシンガーだからだ。だが、シナトラが肩で風を切るダンディズムを醸し出していたのに対し、ブーブレはソフトで謙虚に振る舞う。カナダのブリティッシュコロンビア州の漁師の息子である彼は、その気になればスイングもできたが、本人はバラードや繊細なアダルトコンテンポラリーポップを好んだ。先人が火をともしたトーチを受け継ぎながら、彼はその炎で自らの道を照らしている。

1975年、バンクーバーのすぐ東にあるバーナビーで生まれたブーブレは、祖父の影響でジャズとスタンダードに恋をした。イタリア生まれの配管職人だった祖父は、のちに10代のブーブレをステージに上げることを条件に、数々のクラブの配管修理を請け負ったという。才能が芽生えるにつれて彼の音楽の幅も広がり、 「Stardust」や 「All of Me」といった名曲のストレートなカバーと、「Home」「Haven’t Met You Yet」「Nobody But Me」といった洗練されたコンテンポラリーポップを両立させながら、ダイレクトで、ロマンチックで、高尚でありながら親しみやすいサウンドを作り上げた。

そしてシナトラのみならず、ディーン・マーティン、トニー・ベネットら一時代を築いた憧れのヒーローであるアメリカ人エンターテイナーたちと同様、ブーブレもクリスマスアルバム(2011年の『Christmas』)を発表し、特別番組(『buble!』)もテレビ放送された。また、2013年にはニューヨークの地下鉄で即興アカペラのパフォーマンスを披露。本人も言うように、人はそんなときにこそ自らの成功を実感するものだ。大げさにいえば、彼の歌声に心引かれない人も、彼の魅力には屈するだろう。

  • 出身地
    Burnaby, British Columbia, Canada
  • 生年月日
    1975年9月9日

同じタイプのアーティスト