スキマスイッチ
スキマスイッチ

スキマスイッチ

スキマスイッチについて

豊かな歌心を持つ2人のソングライターを擁するユニット、スキマスイッチ。ボーカル/ギターの大橋卓弥、キーボードとその他の楽器を担当する常田真太郎により、1999年に結成。2003年にシングル「view」でデビュー。2004年に「奏(かなで)」のロングヒットで名を広め、セカンドアルバム『空創クリップ』(2005年)で初のチャート1位を記録した。以降、コンスタントにヒット曲を放ち、J-Popシーンに欠かせない存在となる。スペシャルユニット、福耳のメンバーとしても活動し、「惑星タイマー」(2006年)など数々の楽曲を手掛けている。

ソングライティングからアレンジ、プロデュースまですべての過程を2人の共同で手掛けることで楽曲の世界を広げ、調和の取れた美しいポップスを生み出す。鋭い人間洞察力を持ち、繊細な心理描写を得意とするが、親しみやすい表現で幅広い世代の共感をつかんでいる。

身近な出来事をテーマにした歌詞も、彼らが支持される大きな理由だ。“君が大人になってくその季節が/悲しい歌で溢れないように”と歌いかける「奏(かなで)」(2004年)、“あの頃の僕らはきっと全力で少年だった”と歌う「全力少年」(2005年)など、どこかノスタルジックな光景を描きながら今を生きる熱い思いを歌うメッセージソングに定評がある。

ストーリー性のある歌は映像作品と相性が良く、映画やテレビドラマのテーマソングを手掛けることも多い。また、聴く人の背中を押すような力強い楽曲も得意で、スポーツ応援ソングも数多く手掛ける。

新作に伴うツアーだけではなく、2人だけで全国を回るアコースティックツアー(2009年)や、代表曲やレア曲を新たなアレンジで披露するコンセプトツアー(2016年)など、型にはまらないライブ活動を続けている。

2017年には、全12組のアーティストをプロデューサーに迎えたセルフカバーアルバム『re:Action』を発表。奥田民生、小田和正、GRAPEVINE、KANら豪華アーティストが参加し、クリエイティブなコラボレーションを展開した。2021年からは動画投稿サイトで自身の番組をスタートさせるなど、新たな試みも積極的に行っている。

ユニットでの活動と並行して、大橋卓弥はソロワーク、常田真太郎はプロデュースワークをそれぞれに行い、幅広く活動。そこで得たセンスや人脈がまたスキマスイッチの音楽に還元され、みずみずしい歌を生み続けている。

同じタイプのアーティスト