16曲、1時間10分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.7/5
62件の評価

62件の評価

your

これが本当の浜崎あゆみ

各評論家のレビュー通り、まず「本当にこれが少女の書く詞なのか」と驚かされ、その言葉たちが心に深く突き刺さってきます。
何をそんなに背負っているのかと、リスナーはぐいぐい彼女とこのアルバムに引きずり込まれていきます。
これが浜崎あゆみの原点であり、すべてだと思います。
心の奥底にある暗いものを隠さずさらけ出す姿は、気高ささえ感じさせ、多くの若者たちの心をつかみました。
現在はエンターテイナーを目指しつつある彼女ですが、このファーストアルバムのテーマを引き継ぐ作品を、今後もぜひ発表していってほしいものです。

ゆん8276

感無量。。。

あゆの詞はやはり格別。
今流行りの恋歌を聞いても単調で心に響かないんですよね(個人的な意見ですが)
あゆの才能は大いに評価するべきだと思います。

歌詞に注目して聞いてください。
素晴らしいです。

shidoshi

Reviews for Gaijins - A Song for XX

If you've become a fan of Ayu thanks to her more recent work, A Song for XX may come as a total shock to you. Here we have early Ayu, before she was the "Queen of J-pop" and every song was an audio extravaganza. The tracks on this album have lost a bit of their luster over time - there is absolutely a feeling of immaturity compared not only to the music later in her career, but even her following album. Still, in that immaturity is a certain charm, a warmth and innocent that Ayu lost when transforming into full-fledged diva. Must-have songs are the title track, A Song for XX, Wishing, As If..., POWDER SNOW, Trust, and For My Dear...

The biggest problem with this album is that nearly every song on it comes off much better in acoustic form via the first Ayu-mi-x collection. If you already have that, then half of these songs are almost made unnecessary. Still, A Song for XX continues to be a great look back at the (professional) beginning's of Ayu's career, and some of the songs do still have a lot of worth.

浜崎あゆみ その他の作品

他のおすすめ