スタッフメモ ホールジーはインディーズのアウトサイダーからポップシーンのスーパースターとなった自身の華々しい躍進を振り返り、「私の私生活は最悪よ」とApple MusicのZane Loweに語る。現在25歳の彼女のエモーショナルなサードアルバム「Manic」に収録された多くの楽曲は、まるで台風の目のような"最悪の私生活"の中から書かれたものだ。「私は衝動的で無検閲、理屈よりも感情で先行して、そこら中を疾走していたの。"この曲がザ・ビーチ・ボーイズみたいだったら、どんなサウンドかな? もし収録曲のうち6曲にドラムが入っていなかったら?"みたいにね」。 その結果、失恋や健康、個人の成長を辿った詩的で大胆な作品が出来上がった。ラッパー、G-イージーとの破局に注目が集まることは避けられないと見込んだ彼女は、「アルバム全体が彼に関することじゃないの」と言う。「その多くは、私が19歳のホールジーだったために取り組めなかったことを探る曲なの。覚悟を決めてやらないといけなかったから、自分をケアをしている時間がなかった。そして、気合が入りすぎたのも問題の一部だったわ」。 ここで彼女は、アルバムの中で最もパーソナルないくつかの楽曲の裏話を披露してくれた。

Ashley

アルバムを私の本名でスタートするのは、みんなにとって心地よい入り口だと思う。「ねえ、私はまだここにいるけど、今からあなたを変わった旅に連れて行くね」って感じ。このアルバムの多くの曲は、私が死の必然性をより意識するようになってから書いたものなの。ときどき私は有頂天になって、これまで感じたことがないほど良い気分になるの。他の日には、「このままこれを続けたら、死んでしまう」と感じる時もある。この曲はイントロダクションであり、警告でもあるの。「これは私が自分自身をオープンにして作らなければならなかったアルバムで、これからもツアーやプロモーションや意図を解説するために自分自身をオープンにし続ける。でもこれから先、いくつ作品を作れるかわからない」と言っているのよ。

Forever ... (is a long time)
私のアルバムには、どれもトリオと呼ばれるものが入っているの。ちょうど真ん中にあって、転換として機能するもので、連続して聴くべき3曲よ。「Manic」のトリオは、"Forever ... (is a long time) "と"Dominic's Interlude"、そして"I HATE EVERYBODY"。この曲の中で、私は恋に落ちているの。インストゥルメンタルは長調で、美しくきらめく音色がたくさん入っていて、鳥たちは歌いすべてはスイートで、まるでシンデレラなの。それから、私は自分の頭の中に入っていく。ピアノが入ってきて、意識の流れにある一連の思いが長調から短調へと変調して、私のムードが楽観から不安へと変わっていくことを表している。そして私はこの恋愛関係を阻害し、悪くなる状況を妄想してしまう。すると(シンガーソングライターの)Dominic("Dominic's Interlude"に参加)が、恋人に悪いニュースが届くことを伝えるべきだと言うのよ。

I HATE EVERYBODY

ある時点で、私は断固として譲らなかったの。「このアルバムでは、付き合ってる男に関する楽曲だけを作ることはしないわ。これは私についてのアルバムよ。私だけでも十分に重要なはず。クールなロックスターは私を魅力的だと考えているから、私はそうである必要はないの。もうそれ以上のことはないし、これまでもそうあるべきではなかったのよ」とね。でも若い頃は、時に不安な気持ちこそが一番良い部分を引き出すもので、"I HATE EVERYBODY"はそのことについて歌っているの。「みんなは彼の意見をリスペクトするから、もし彼が私を好きなら、みんなも好きになるはず」と考えてしまう。いやいや、それは違うわ。これは私についての作品であるべきよ。

Finally
私は思ったの。「ウェディングソングが必要だわ。ファーストダンスのための曲がね」って。Dom(YUNGBLUD)と付き合っていた頃、自宅のリビングルームで午前2時にこの曲を書いたの。私はずっと私たちが出会った夜のことを考えていた。ちなみに、馴れ初めについては何度も話しているけど、毎回どんどんロマンチックになるのよ。そして、決め台詞があるラブソングを一度も書いたことがないことに気づいたの。これはとにかくとてもナイスでスイートな曲。でも最初は、「うーん…あまりクレイジーじゃないな」と思っていた。そこで何人かの友だちに送ったら、私がそれまでに書いた中で一番良い曲だと言われたりして。「何?私とギターだけなのに」と思ったの。そしたら彼らは言ったわ。「うん、それがいいんだよ」って。

Alanis’ Interlude

大きな自慢よ。最大の自慢ね。私はアラニスに手紙を書いたの。彼女は妊娠9か月か、もう少し前だったかな。彼女が私の人生に取り返しのつかないようなインパクトを与えたことを伝えたかったの。もし彼女が先にその事を言ってくれなかったら、私にはそれを伝える勇気はなかっただろうし、自分のすべての大事な部分についてのアルバムを作る上で、彼女抜きには想像できないと伝えたわ。そして彼女は快諾してくれたの。間奏部は私の人生におけるさまざまな人間関係を示している。Domは兄弟愛を示していて、アラニスは性的でプロとしての自信を示しているの。この前のアルバムに隠された意味を察知できなかった人のために言うと、私はバイ(セクシャル)なの。この曲はとてもクィアなものにしたかった。若い頃の私が自分のセクシュアリティを心地よく感じられたのはアラニスのおかげだし、彼女以上の人はいないでしょう。

killing boys

彼の家の彼の部屋に押し入り、彼を座らせて、「いい?最低野郎。今すぐ白状しなさい」と言うくらい激怒していることについての曲なの。私は黒いパーカーを着て、友だちが運転してくれるの。私が何かの答えを求めて、誰かの家に乱入するって実話に見せかけた曲よ。私がすごく狂っていた時代の話で、「いや、私の唯一の選択肢は、向こうに行って騒ぎを起こすだけ」という感じなの。"I climb up to the window and I break in the glass/But I stop 'cause I don't want to Uma Thurman your ass(窓によじ登ってガラスを割るの/でもユマ・サーマンみたいにあなたをボコボコにしたくないから止めるのよ)"と歌っているわ。風刺に富んでるけど、私は怒っているの」。

More
性と生殖に関する健康への取り組みついて、私はすごくオープンに語ってきたわ。卵子を凍結したいだとか、子宮内膜症を患っているだとか、そういうことをね。長い間、私は家族を持つことができないと思っていたのだけど、それは私にとって非常に重要なことなの。そしてある日、産婦人科医から、もしかしたら妊娠できるかもと言われて、すごく感動したわ。それまでとは違った女性らしさへ舞い上がるような気分だった。突然、すべてが違って見えたの。他にやることがないからと死ぬまでツアーすることはしないし、本当に自分が欲しいものを持てないためにその穴を埋めようとしていた。今の私には選択肢があるけど、以前は選択肢がなかったの。Lido(プロデューサーのPeder Losnegård)と私はこの曲の最後に、超音波のように聴えてフェイドアウトするインストゥルメンタルを入れた。まるで子宮の中から聞こえるの音のように。これまでに作った中でも最も特別な曲の一つよ。

ソング
Ashley
1
3:06
 
clementine
2
3:54
 
Graveyard
3
3:01
 
You should be sad
4
3:25
 
Forever ... (is a long time)
5
2:47
 
Dominic's Interlude
6
1:16
 
I HATE EVERYBODY
7
2:51
 
3am
8
3:54
 
Without Me
9
3:21
 
Finally // beautiful stranger
10
3:41
 
Alanis' Interlude
11
2:41
 
killing boys
12
2:23
 
SUGA's Interlude
13
2:18
 
More
14
2:33
 
Still Learning
15
3:31
 
929
16
2:54