スタッフメモ 歌姫のラストステージを見守るファンの心理を描いた"おやすみ泣き声、さよなら歌姫"、恋に悩む女性の独白の中にバンド自らへの皮肉を織り交ぜた"社会の窓"、男を引っ張っていく女性の強い思いを歌う"憂、燦々"と、クリープハイプならではの独特な世界を見せるセカンドアルバム。ヴォーカル&ギターの尾崎世界観による、ヒリヒリとした切迫感を帯びる甲高い歌声が、キャッチーなメロディにほのかな切なさを色付けている。孤独や憂鬱、不安といったマイナスな感情をつづりながらも、どこか明るくポジティブな気持ちへと昇華させるヴォーカルとダイナミックなバンドサウンドが、何度も繰り返し聴きたくなる高い魅力を持っている。

ソング
ラブホテル
1
3:50
 
2
3:09
 
おやすみ泣き声、さよなら歌姫
3
3:58
 
憂、燦々
4
4:10
 
マルコ
5
3:43
 
女の子
6
4:17
 
社会の窓
7
3:27
 
NE-TAXI
8
2:26
 
かえるの唄
9
2:17
 
さっきはごめんね、ありがとう
10
3:25
 
シーン33「ある個室」
11
0:55
 
傷つける
12
5:47
 

ミュージックビデオ

クリープハイプ その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム