スタッフメモ 2012年リリースの「夜のアルバム」に続くジャズアルバム第2弾。プロデュースは前作に引き続き小西康陽が担当し、ジャズスタンダードや歌謡曲などの流行歌を洒脱なアレンジで彩っている。ごくシンプルなバンド編成で滋味豊かな歌がきわだつ曲あり、ビッグバンドのゴージャズなサウンドでスウィングする曲あり。小西が新たに日本語詞を付けたナンバーなど、名曲の数々が新たな魅力をまとってよみがえる。10代の頃にナイトクラブで歌謡曲やジャズを歌った経験がシンガーとしての原点という八代亜紀の真髄に触れられる一枚。

1
3:54
 
2
3:26
 
3
4:21
 
4
3:54
 
5
2:55
 
6
2:49
 
7
2:49
 
8
3:24
 
9
2:21
 
10
1:02
 
11
3:56
 
12
2:40
 
13
3:37
 

八代亜紀 その他の作品