14曲、49分

スタッフメモ

横浜の路上ライブでメキメキと頭角を現してきたフォークデュオが、1998年のミニアルバム「ゆずマン」に続いてリリースしたメジャー初のフルアルバム。軽快でみずみずしいギターのリフレインが印象的な、長らくライブのハイライトを担い続けている代表曲"夏色"や、シングルとしてリカットされたキャッチーなビートポップ"少年"、そして"贈る詩"など、初期ゆずの存在感を決定的にした楽曲群を収録している。上記の3曲は北川悠仁による作詞・作曲だが、岩沢厚治も"心の音"や"月曜日の週末"、アルバムのフィナーレを担う"境界線"といった曲で強烈な叙情性を発揮するなど、2人の持ち味のコンビネーションが際立った作品となっている。

スタッフメモ

横浜の路上ライブでメキメキと頭角を現してきたフォークデュオが、1998年のミニアルバム「ゆずマン」に続いてリリースしたメジャー初のフルアルバム。軽快でみずみずしいギターのリフレインが印象的な、長らくライブのハイライトを担い続けている代表曲"夏色"や、シングルとしてリカットされたキャッチーなビートポップ"少年"、そして"贈る詩"など、初期ゆずの存在感を決定的にした楽曲群を収録している。上記の3曲は北川悠仁による作詞・作曲だが、岩沢厚治も"心の音"や"月曜日の週末"、アルバムのフィナーレを担う"境界線"といった曲で強烈な叙情性を発揮するなど、2人の持ち味のコンビネーションが際立った作品となっている。

タイトル 時間

ゆず その他の作品

他のおすすめ