11曲、49分

スタッフメモ

エレクトロ時代の寵児、中田ヤスタカのメイン・ユニット capsule の12枚目となるオリジナル・アルバム。全曲を128BPMに統一した強力ダンス仕様。持ち前のアッパーなシンセ使いに加えて、ロッキンな味付け、フィジェット・ハウスに通じるトランス感覚、土着的でファンキーなビートなど、新たなる武器を数多く搭載し、ビルドアップされた新型モビルスーツのような印象。クラブでプレイされるアンダーグラウンドなダンスミュージックと地続きでありながら、ポップ・ミュージックとして成立するラインを超えないバランス感覚はさすがというほかなく、楽曲単体のクオリティの高さも含め、かなり完成度が高い。“WORLD OF FANTASY”、“STRIKER” あたりは、そのままクラブのピークタイムでかけてもはまりそうなアンセム感が漂う。ボーナス・トラックの“WORLD OF FANTASY MIX”は収録曲をメガミックスにしたスペシャル・トラック。これがまたキュートな出来で必聴。

スタッフメモ

エレクトロ時代の寵児、中田ヤスタカのメイン・ユニット capsule の12枚目となるオリジナル・アルバム。全曲を128BPMに統一した強力ダンス仕様。持ち前のアッパーなシンセ使いに加えて、ロッキンな味付け、フィジェット・ハウスに通じるトランス感覚、土着的でファンキーなビートなど、新たなる武器を数多く搭載し、ビルドアップされた新型モビルスーツのような印象。クラブでプレイされるアンダーグラウンドなダンスミュージックと地続きでありながら、ポップ・ミュージックとして成立するラインを超えないバランス感覚はさすがというほかなく、楽曲単体のクオリティの高さも含め、かなり完成度が高い。“WORLD OF FANTASY”、“STRIKER” あたりは、そのままクラブのピークタイムでかけてもはまりそうなアンセム感が漂う。ボーナス・トラックの“WORLD OF FANTASY MIX”は収録曲をメガミックスにしたスペシャル・トラック。これがまたキュートな出来で必聴。

タイトル 時間

評価とレビュー

3.9/5
213件の評価

213件の評価

karato

今聴いても分からないと思うよ

capsuleは聴きこんで聴きこんで、初めて良さが分かるもの。
何日か、何年か経って、「あ、かっこいいかも」と思ったとき、
初めてヤスタカの感覚に近付けるのです。

まぁ僕らがかっこいいと思ったときには既にヤスタカの中では終わってるんだけどね。
だから面白いのよ、capsuleは。

あひる村長

ある意味、妥協はない

やはり、Perfumeは、「いかに多く売れるか」に重点が置かれている。
かしゆか、のっち、あーちゃんの三人のキャラクターはもちろんのこと、
タイアップ企画やメロディーや衣装にも気をつかう。
ある意味、スポンサーやPerfumeファンに合わせるための妥協が見える。
しかし、capsuleは、中田氏の思いどおり、好き放題、何に対しても妥協することなく
アルバムが作られている。それだけ力のあるアルバムに仕上がっていると思う。
残念ながら、商業的にはPerfumeほどの成功はない。
しかし、このまま、今いるcapsuleファンを引っ張っていって欲しい。
嫌いな人は、聴かなければいい。それは別に傲慢でも何でもない。
「いかに売れるか」ということだけで、路線や戦略を変えて欲しくない。
むろん、売れるのはいいことだが、売上至上主義になったところで、capsuleは終わると思う。

最後に一言付け足すと、私はPerfumeも好きです。

jmpmwpjm"padTpam"pam"pamuj

前作に比べ聴きやすい

これだけ出来がよいとはおもいませんでした。
ほかのアーティストをひいきしている人が批判したくなる気持ちもわかります。

CAPSULE その他の作品

他のおすすめ