8曲、42分

スタッフメモ

移籍に伴う契約消化として吹き込まれた、いわゆるマラソンセッションの1枚。2日間でアルバム4枚分を録音するという離れ業をやってのけ、演奏のほとんどがワンテイクゆえの緊張感と密度を併せ持つ。内容はどれも甲乙つけがたいが、名演がそろった本作はハードバップ期のマイルスを楽しむには格好のアルバムである。中でも注目はレッド・ガーランドのみずみずしいピアノの音色が心地よい"It Never Entered My Mind"。"卵の殻の上を歩くような"と形容される、リリカルなプレイの真骨頂というべき極上のミュートトランペットが堪能できる。続く"Four"や、ジョン・コルトレーンのプレイも冴える"Half Nelson"では、これぞハードバップという粋なプレイを軽快に聴かせる。

スタッフメモ

移籍に伴う契約消化として吹き込まれた、いわゆるマラソンセッションの1枚。2日間でアルバム4枚分を録音するという離れ業をやってのけ、演奏のほとんどがワンテイクゆえの緊張感と密度を併せ持つ。内容はどれも甲乙つけがたいが、名演がそろった本作はハードバップ期のマイルスを楽しむには格好のアルバムである。中でも注目はレッド・ガーランドのみずみずしいピアノの音色が心地よい"It Never Entered My Mind"。"卵の殻の上を歩くような"と形容される、リリカルなプレイの真骨頂というべき極上のミュートトランペットが堪能できる。続く"Four"や、ジョン・コルトレーンのプレイも冴える"Half Nelson"では、これぞハードバップという粋なプレイを軽快に聴かせる。

タイトル 時間

マイルス・デイヴィス・クインテット その他の作品