10曲、40分

スタッフメモ

ひたすら優雅にスウィングする心地よいジャズが聴きたいというリスナーの心のリクエストをかなえてくれるジャズピアニストこそ、本作のリーダー、オスカー・ピーターソンだろう。1964年の本アルバムでも聴くことのできる歌心あふれたメロディックなプレイには、カクテルジャズの真髄が見える。取り上げられた楽曲はどれも耳なじみのよい親しみやすいナンバーばかり。軽快なアントニオ・カルロス・ジョビンの "Quiet Nights of Quiet Stars (Corcovado) "に始まり、ヘンリー・マンシーニの"Days of Wine and Roses"、ジャズバラードのスタンダード"My One and Only Love"など、全編にわたって軽妙洒脱な親しみやすいジャズに心が弾む。

スタッフメモ

ひたすら優雅にスウィングする心地よいジャズが聴きたいというリスナーの心のリクエストをかなえてくれるジャズピアニストこそ、本作のリーダー、オスカー・ピーターソンだろう。1964年の本アルバムでも聴くことのできる歌心あふれたメロディックなプレイには、カクテルジャズの真髄が見える。取り上げられた楽曲はどれも耳なじみのよい親しみやすいナンバーばかり。軽快なアントニオ・カルロス・ジョビンの "Quiet Nights of Quiet Stars (Corcovado) "に始まり、ヘンリー・マンシーニの"Days of Wine and Roses"、ジャズバラードのスタンダード"My One and Only Love"など、全編にわたって軽妙洒脱な親しみやすいジャズに心が弾む。

タイトル 時間

オスカー・ピーターソン・トリオ その他の作品