スタッフメモ 1年間のニューヨーク滞在を経てリリースした4枚目のオリジナルアルバムは、ブラックミュージックの要素を大胆に取り入れた異色作。当時のニューヨークにおけるヒップホップシーンの影響を受けつつ、独自の言語感覚によるラップを見せた "COMPLICATION SHAKEDOWN" や "COME SHINING" は、佐野元春の新境地を開くと同時に日本のロックシーンに大きな衝撃を与えたエポックメイキングなナンバーだ。ニューウェイブな香り漂うエイトビートポップ "VISITORS"、明るくファンキーなサウンドにラップを取り入れた "NEW AGE" など、ストリートカルチャーにインスパイアされた新鮮で革新的なサウンドが楽しめる。

ソング
COMPLICATION SHAKEDOWN
1
4:50
 
TONIGHT
2
5:05
 
WILD ON THE STREET
3
4:53
 
SUNDAY MORNING BLUE
4
5:58
 
VISITORS
5
4:54
 
SHAME ―君を汚したのは誰
6
3:53
 
COME SHINING
7
6:16
 
NEW AGE
8
6:12
 
TONIGHT (Special Extended Club Mix)
9
6:51
 
COMPLICATION SHAKEDOWN (Special Extended Club Mix)
10
7:52
 
WILD ON THE STREET (Special Extended Club Mix)
11
6:12