13曲、49分

スタッフメモ

2007年に発表されたサードアルバム。当時、ソロでの活動も並行していた椎名林檎がヴォーカルと作詞に専念し、主にギターの浮雲とキーボードの伊澤一葉が持ち寄った楽曲をセッションしながらアレンジを形作った作品。作曲を他のメンバーに委ねた結果、これまでと異なる持ち味を獲得することになった。高速道路を駆けるオープニング曲から、浮雲、伊澤、椎名の3人の声が響く"某都民"、椎名と伊澤がデュエットするムーディーな"SSAW"など、意欲的で、しかも耳なじみのいい楽曲が続く。東京事変としてはポップ性がやや薄味ではあるものの、それがバンドに新しい感覚をもたらした。先行シングル"OSCA"、"キラーチューン"を収録。

スタッフメモ

2007年に発表されたサードアルバム。当時、ソロでの活動も並行していた椎名林檎がヴォーカルと作詞に専念し、主にギターの浮雲とキーボードの伊澤一葉が持ち寄った楽曲をセッションしながらアレンジを形作った作品。作曲を他のメンバーに委ねた結果、これまでと異なる持ち味を獲得することになった。高速道路を駆けるオープニング曲から、浮雲、伊澤、椎名の3人の声が響く"某都民"、椎名と伊澤がデュエットするムーディーな"SSAW"など、意欲的で、しかも耳なじみのいい楽曲が続く。東京事変としてはポップ性がやや薄味ではあるものの、それがバンドに新しい感覚をもたらした。先行シングル"OSCA"、"キラーチューン"を収録。

タイトル 時間

東京事変 その他の作品