スタッフメモ ブルーノ・マーズを起用した "Uptown Funk" が世界中で大ヒット。スーパーボウルのハーフタイムショーでは Beyoncé とコールドプレイと並んで同曲を披露するなど、ビッグプロデューサーとしての立ち位置を確立したマーク・ロンソン。そんな "Uptown Funk" の熱狂冷めやらぬ中でリリースされた通算4枚目のアルバムは、スティーヴィー・ワンダーや Tame Impala の Kevin Parker がゲスト参加。ファンキーなダンスミュージックをベースに、ゲスト陣がそれぞれの個性を付け足して新たな化学反応を生んでいる。中でも Kevin Parker 参加曲群における実験的なギターサウンドは必聴だ。

1
1:38
 
2
3:07
 
3
3:42
 
4
4:29
 
5
3:16
 
6
4:58
 
7
2:25
 
8
4:33
 
9
4:18
 
10
3:57
 
11
2:16
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

マーク・ロンソン その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめ