8曲、35分

スタッフメモ

グレイトフル・デッドが1970年代に入って最初にリリースした作品。彼らも一翼を担ったサイケデリックムーブメントが一段落ついたこともあり、ここではアコースティックサウンドやコーラスを多用したカントリーロックを聴かせている。そうした方向性も功を奏してか、元来ライブが売りである彼らのスタジオアルバムの中でも高い評価を受けた。人気ナンバーの"Uncle John's Band"も収録され、代表作の一つとして認知されている。JERRY GARCIAが弾くペダルスティールギターの音色も爽やかで、他作品のドープなサイケサウンドよりも聴きやすいと感じるリスナーもいるはず。1986年にプラチナディスクを獲得。

スタッフメモ

グレイトフル・デッドが1970年代に入って最初にリリースした作品。彼らも一翼を担ったサイケデリックムーブメントが一段落ついたこともあり、ここではアコースティックサウンドやコーラスを多用したカントリーロックを聴かせている。そうした方向性も功を奏してか、元来ライブが売りである彼らのスタジオアルバムの中でも高い評価を受けた。人気ナンバーの"Uncle John's Band"も収録され、代表作の一つとして認知されている。JERRY GARCIAが弾くペダルスティールギターの音色も爽やかで、他作品のドープなサイケサウンドよりも聴きやすいと感じるリスナーもいるはず。1986年にプラチナディスクを獲得。

タイトル 時間

グレイトフル・デッド その他の作品

他のおすすめ