スタッフメモ “混沌とした世の中を照らすような作品になるように”というメンバーの力強いメッセージにあふれた入魂の一作。“踊れるジャズ”の旗印の下、2000年代以降のジャズシーンをけん引する存在として国内外で活動する5人組インストゥルメンタルバンドが、世界中が新型コロナウイルス感染症に見舞われた2020年に放つアルバム。ヒップホップ界からSANABAGUN.のリベラルa.k.a.岩間俊樹のラップをフィーチャ―した「The Light」、日本を代表するスカパンクバンド、KEMURIのホーンセクション3人をゲストに迎えて、ドラムスの伊藤隆郎がボーカルをとった「For The Loser」など、今作では本格的なボーカル曲に挑戦。もちろんダンサブルなジャズチューン「Move On」や、軽快なロックナンバー「Bring it on」など、おなじみのサウンドも健在、他にもイギリスを代表するパンクバンド、ザ・ポーグスの「Fiesta」のインストカバーや、ジャズの名曲「Moanin’」をスカとスタンダードジャズのミクスチャースタイルで表現するなど、苦難の時代にさらなる進化を求めたパワーみなぎる内容となっている。

1
1:55
 
2
3:55
 
3
4:21
 
4
3:39
 
5
4:04
 
6
5:12
 
7
4:55
 
8
4:13
 
9
3:53
 
10
3:39
 
11
4:14
 

TRI4TH その他の作品

おすすめコンテンツ