11曲、45分

スタッフメモ

ソウルミュージック風のベースラインと、テープエコーに乗せ響き渡る迫力のギターソロが強いインパクトを与える “Weight of Love” が1曲目にフィーチャーされた、ザ・ブラック・キーズの8枚目のスタジオアルバム「Turn Blue」。7分間近くにわたるこのトラックは、オハイオ州アクロン出身のデュオが2001年にデビューを果たして以来、シンプルなガレージロック・サウンドから見せた進化が窺い知れる注目曲。2010年リリースの「Brothers」とそれ以降のアルバムをすべて共同プロデュースしているデンジャー・マウスを再び迎えた本作では、近未来ディスコを彷彿させる “Bullet in the Brain” と “Year in Review” に加え、ソウルフルなシンセのロックナンバー “10 Lovers” や “Fever” など魅力的な曲を収録。シンガー/ギタリストのダン・オーバックによる情熱に満ちたソングライティングと、アルバム全体に流れる独特のブルーステイストが印象的な完成度の高い仕上がりになっている。

スタッフメモ

ソウルミュージック風のベースラインと、テープエコーに乗せ響き渡る迫力のギターソロが強いインパクトを与える “Weight of Love” が1曲目にフィーチャーされた、ザ・ブラック・キーズの8枚目のスタジオアルバム「Turn Blue」。7分間近くにわたるこのトラックは、オハイオ州アクロン出身のデュオが2001年にデビューを果たして以来、シンプルなガレージロック・サウンドから見せた進化が窺い知れる注目曲。2010年リリースの「Brothers」とそれ以降のアルバムをすべて共同プロデュースしているデンジャー・マウスを再び迎えた本作では、近未来ディスコを彷彿させる “Bullet in the Brain” と “Year in Review” に加え、ソウルフルなシンセのロックナンバー “10 Lovers” や “Fever” など魅力的な曲を収録。シンガー/ギタリストのダン・オーバックによる情熱に満ちたソングライティングと、アルバム全体に流れる独特のブルーステイストが印象的な完成度の高い仕上がりになっている。

タイトル 時間

ザ・ブラック・キーズ その他の作品

他のおすすめ