9曲、37分

スタッフメモ

1975年にリリースされたエアロスミス3枚目のスタジオアルバム。初の全米トップ40入りを果たし、初期の代表作となった。単純で爽快、かつ耳に残る印象的なギターリフが特徴の、これぞオープニングというべき"Toys in the Attic"、ロックとラップを初めて融合したとされる楽曲で、後にRUN D.M.Cにカバーされエアロスミス復活劇の幕開けとなった"Walk This Way"、さらに特徴あるベースラインとおなじみのコーラスが期待感をつのる"Sweet Emotion"など、現在のライブでも人気の高い楽曲が多数収録されており、彼らの作品の中でもスタンダードといえる一枚。

スタッフメモ

1975年にリリースされたエアロスミス3枚目のスタジオアルバム。初の全米トップ40入りを果たし、初期の代表作となった。単純で爽快、かつ耳に残る印象的なギターリフが特徴の、これぞオープニングというべき"Toys in the Attic"、ロックとラップを初めて融合したとされる楽曲で、後にRUN D.M.Cにカバーされエアロスミス復活劇の幕開けとなった"Walk This Way"、さらに特徴あるベースラインとおなじみのコーラスが期待感をつのる"Sweet Emotion"など、現在のライブでも人気の高い楽曲が多数収録されており、彼らの作品の中でもスタンダードといえる一枚。

タイトル 時間

エアロスミス その他の作品

他のおすすめ