スタッフメモ これまでの歌謡曲路線から転換する意欲に満ちた、13作目のオリジナルアルバム。何といっても注目は、糸井重里が作詞を担当したタイトルチューンの"TOKIO"。ニューウェーブブーム真っ盛りだった当時の気分を大胆に取り入れて、お茶の間ロックのアイコンに新たな輝きを加えた。アレンジャーには後藤次利が起用され、他にも"KNOCK TURN"、"ミュータント"、"アムネジア"といった斬新なナンバーが並ぶ。一方で、かつての黄金コンビ、阿久悠と大野克夫による"夢を語れる相手がいれば"など、前作までの流れをくんだ曲も。大きく音楽性を変化させていった80年代への序章となる作品。

1
6:11
 
2
4:37
 
3
4:28
 
4
3:22
 
5
4:47
 
6
5:40
 
7
4:44
 
8
4:55
 
9
4:43
 
10
4:35
 
11
0:50
 

沢田研二 その他の作品

他のおすすめアルバム