THREE CHEERS FOR OUR SIDE ~海へ行くつもりじゃなかった~ (Remastered 2006)

FLIPPER'S GUITAR

THREE CHEERS FOR OUR SIDE ~海へ行くつもりじゃなかった~ (Remastered 2006)

小山田圭吾、小沢健二のデュオ形態となる5人組ギターポップバンドのファーストアルバム。「Goodbye, our Pastels Badges」に象徴されるように、その楽曲は、ザ・パステルズやアズテック・カメラ、オレンジ・ジュース、ペイル・ファウンテンズら、日本ではネオアコースティックと呼ばれていた1980年代の英国インディーポップの影響が色濃い。また、当時としては異例だった英語詞は、洋楽リスナーであった彼らにとっては自然な表現であり、日本語のポップミュージックに対するカウンターでもあった。みずみずしいボサノヴァ「Coffeemilk Crazy」や、渋谷を舞台にした映画の主題歌に起用された「Friends Again (Single Version)」など、エバーグリーンな輝きを放つ楽曲には思春期特有の純度が高く研ぎ澄まされたセンスが凝縮されている。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13