14曲、50分

スタッフメモ

1973年にリリースされた通算3枚目、サイモン&ガーファンクル休止後からは2枚目となるソロアルバム。心が踊るようなジャマイカンリズムに先導される"Kodachrome"から颯爽と始まり、"Tenderness"や"Loves Me Like a Rock"をうららかに支えるバーバーショップコーラス。"Take Me to the Mardi Gras"の後半を彩るデキシーランドジャズにトロピカル調の"Was a Sunny Day"など、本作もまたワールドミュージックやルーツミュージックへの幅広い造詣や愛を感じさせる。同時に"Something So Right"やバッハの"マタイ受難曲"を引用した"Amecican Tune"、"St. Judy’s Comet"のように、現代に暮らす寄る辺ない人間の哀愁を、歌い口に浮かばせたようなロマンチックな曲も心に染みる。

スタッフメモ

1973年にリリースされた通算3枚目、サイモン&ガーファンクル休止後からは2枚目となるソロアルバム。心が踊るようなジャマイカンリズムに先導される"Kodachrome"から颯爽と始まり、"Tenderness"や"Loves Me Like a Rock"をうららかに支えるバーバーショップコーラス。"Take Me to the Mardi Gras"の後半を彩るデキシーランドジャズにトロピカル調の"Was a Sunny Day"など、本作もまたワールドミュージックやルーツミュージックへの幅広い造詣や愛を感じさせる。同時に"Something So Right"やバッハの"マタイ受難曲"を引用した"Amecican Tune"、"St. Judy’s Comet"のように、現代に暮らす寄る辺ない人間の哀愁を、歌い口に浮かばせたようなロマンチックな曲も心に染みる。

タイトル 時間

ポール・サイモン その他の作品

他のおすすめ