スタッフメモ 1967年の暮れにリリースされた本作はアルバムカバーの相似性から、ビートルズの「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」を引き合いにして語られがちだが、むしろ初期ピンク・フロイドに通じる万華鏡のようなサウンドが異彩を放っている。時代を超えた名曲"She’s a Rainbow"は別格として、ビル・ワイマンのシュールな歌声が虚ろに反響する"In Another Land"、ミック・ジャガーが麻薬事件で収監中に歌詞を書きつづったという"2000 Light Years from Home"、電気ダルシマーとタブラのインタープレイに耳を奪われる"Gomper"などには捨てがたい魅力がある。サイケデリックの渦流に嬉々として身を投じたブライアン・ジョーンズの影響が顕著な秀作といえる。

1
3:46
 
2
2:50
 
3
3:15
 
4
3:07
 
5
8:33
 
6
4:34
 
7
4:23
 
8
5:08
 
9
4:45
 
10
3:39
 
1
3:46
 
2
2:51
 
3
3:13
 
4
3:08
 
5
8:39
 
6
4:35
 
7
4:25
 
8
5:10
 
9
4:44
 
10
3:41
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

ザ・ローリング・ストーンズ その他の作品

おすすめコンテンツ