The Way We Are

CHEMISTRY

The Way We Are

川畑要と堂珍嘉邦から成るヴォーカルデュオが2001年にリリースしたデビュー作。結成からテレビ番組でドキュメンタリー的に放送されたユニットであったことに加え、クオリティの高さが話題を集めミリオンヒットを記録した。松尾潔のプロデュースにより、"Point of No Return"、"You Go Your Way"をはじめ当時のR&Bの感覚が取り入れられているが、全体的には歌謡曲的な仕上がり。歌声が重なり合うと音楽的な化学反応が生まれることから名付けられた通り、美しいハーモニーを堪能できる。また、川畑はラッパーのDABOと、堂珍はジャズシンガーのケイコ・リーとのコラボレーションを聴かせており、それぞれの個性を際立たせることでCHEMISTRYとしてのバリエーションの幅を見せている。この成功を起爆剤にして、彼らは2000年代のJ-Popをけん引するユニットへと成長していった。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12