10曲、56分

スタッフメモ

ピアニストのアート・テイタムは、1953年後半から他界するまでの約3年間で、プロデューサーのノーマン・グランツと共になんと20枚近くのアルバムをリリース。マラソンのようなソロセッションからライオネル・ハンプトンやバディ・リッチのようなジャズの巨人たちとのコラボレーションなどを制作した。それは、たとえ彼が実際に残した作品ほど良い結果ではなかったとしても、一つの偉業といえるだろう。


コール・ポーターの"Night and Day"やロジャース&ハートの"Have You Met Miss Jones?"といった有名スタンダード曲で構成され、テナーサックス奏者、ベン・ウェブスターと共演した本作は、単なる歴史の一コマに終わらない意味を持つ。これはテイタムにとって最後のスタジオセッションとなった。ビル・ダグラス(Dr)とRed Callender(B)のリズムをバックに、かつてはバンド演奏の邪魔をしてしまうほど装飾音の多かったテイタムのピアノは、ここではそれに対比するようなウェブスターのメロウでゆったりしたアプローチと溶け合い、ジャズの模範的なセッションとなっている。ウェブスターがメロディを奏でる"All the Things You Are"を聴くと、テイタムのピアノはまるで花の周りを踊り回るハチドリのように、眩しい輝きを放っている。

スタッフメモ

ピアニストのアート・テイタムは、1953年後半から他界するまでの約3年間で、プロデューサーのノーマン・グランツと共になんと20枚近くのアルバムをリリース。マラソンのようなソロセッションからライオネル・ハンプトンやバディ・リッチのようなジャズの巨人たちとのコラボレーションなどを制作した。それは、たとえ彼が実際に残した作品ほど良い結果ではなかったとしても、一つの偉業といえるだろう。


コール・ポーターの"Night and Day"やロジャース&ハートの"Have You Met Miss Jones?"といった有名スタンダード曲で構成され、テナーサックス奏者、ベン・ウェブスターと共演した本作は、単なる歴史の一コマに終わらない意味を持つ。これはテイタムにとって最後のスタジオセッションとなった。ビル・ダグラス(Dr)とRed Callender(B)のリズムをバックに、かつてはバンド演奏の邪魔をしてしまうほど装飾音の多かったテイタムのピアノは、ここではそれに対比するようなウェブスターのメロウでゆったりしたアプローチと溶け合い、ジャズの模範的なセッションとなっている。ウェブスターがメロディを奏でる"All the Things You Are"を聴くと、テイタムのピアノはまるで花の周りを踊り回るハチドリのように、眩しい輝きを放っている。

タイトル 時間
2

アート・テイタム その他の作品