8曲、1時間11分

スタッフメモ

スタジオ録音では唯一のゴールドディスクに輝いた1973年作。1970年代の代表作として本作を推すファンも少なくない。当初は映画のサウンドトラックとして使用される予定だったが、音楽性をめぐって制作側との行き違いが生じ、話が流れてしまう。"Doing the Best I Can" や "Forever Suffering" といったジェームス・ブラウンにしては珍しい長尺のバラードが収められたのも、そうした背景と無縁ではない。表題曲 "The Payback" をはじめ、"Take Some, Leave Some"、"Stone to the Bone" など、ミドルテンポのファンクが中心となる構成にも新境地がうかがえる。

スタッフメモ

スタジオ録音では唯一のゴールドディスクに輝いた1973年作。1970年代の代表作として本作を推すファンも少なくない。当初は映画のサウンドトラックとして使用される予定だったが、音楽性をめぐって制作側との行き違いが生じ、話が流れてしまう。"Doing the Best I Can" や "Forever Suffering" といったジェームス・ブラウンにしては珍しい長尺のバラードが収められたのも、そうした背景と無縁ではない。表題曲 "The Payback" をはじめ、"Take Some, Leave Some"、"Stone to the Bone" など、ミドルテンポのファンクが中心となる構成にも新境地がうかがえる。

タイトル 時間

ジェームス・ブラウン その他の作品