12曲、45分

スタッフメモ

メアリー・J. ブライジは新しいものに挑戦することを恐れない。グラミー賞受賞歴を持つR&Bのアイコンである彼女は、20年間以上にわたってショーン“Puffy”コムズ、チャカ・カーン、スティングなどの様々なアーティストやプロデューサーらとコラボすることでその実力を見せつけてきた。「The London Sessions」制作にあたっては、インスピレーションを求めてイギリスの首都、ロンドンを訪問。そこで出会ったのが、ロンドンの活気あふれるダンスミュージックシーンから飛び出したエキサイティングな若いアーティストたちだった。サム・スミス、ディスクロージャー、ジミー・ネイプス、ノーティー・ボーイ、そしてエミリー・サンデーといったアーティスト達と共同で作曲/プロデュースを行い、メアリー・J. ブライジにとって最も大胆なチャレンジとなった最新アルバムが生まれた。

スタッフメモ

メアリー・J. ブライジは新しいものに挑戦することを恐れない。グラミー賞受賞歴を持つR&Bのアイコンである彼女は、20年間以上にわたってショーン“Puffy”コムズ、チャカ・カーン、スティングなどの様々なアーティストやプロデューサーらとコラボすることでその実力を見せつけてきた。「The London Sessions」制作にあたっては、インスピレーションを求めてイギリスの首都、ロンドンを訪問。そこで出会ったのが、ロンドンの活気あふれるダンスミュージックシーンから飛び出したエキサイティングな若いアーティストたちだった。サム・スミス、ディスクロージャー、ジミー・ネイプス、ノーティー・ボーイ、そしてエミリー・サンデーといったアーティスト達と共同で作曲/プロデュースを行い、メアリー・J. ブライジにとって最も大胆なチャレンジとなった最新アルバムが生まれた。

タイトル 時間

メアリー・J. ブライジ その他の作品