16曲、56分

スタッフメモ

「Atomic Basie」という通称で知られる、モダンジャズ時代を代表するビッグバンドとしての地位を確立した名盤。カウント・ベイシーは1957年、Verve RecordsからRoulette Recordsに移籍、トランペット奏者で作曲家/編曲家のニール・ヘフティを起用し、彼のオリジナル楽曲を録音した。ブラスアンサンブルを知り尽くしたヘフティが緻密でモダンなアレンジを施し、ジョー・ニューマン、サド・ジョーンズ、Eddie "Lockjaw" Davisら、ハードバップを代表する強者がみずみずしいソロを演奏している。ヘフティの作曲家としてのキャリアを代表する名曲であり、その後、ライブの定番曲となる”Whirly Bird"や"Li'l Darlin'"など、多くの名演が収録された。本作はグラミー賞(GRAMMY® )に輝き、ベイシー楽団はスイング時代以来の新たな黄金期を迎える。

スタッフメモ

「Atomic Basie」という通称で知られる、モダンジャズ時代を代表するビッグバンドとしての地位を確立した名盤。カウント・ベイシーは1957年、Verve RecordsからRoulette Recordsに移籍、トランペット奏者で作曲家/編曲家のニール・ヘフティを起用し、彼のオリジナル楽曲を録音した。ブラスアンサンブルを知り尽くしたヘフティが緻密でモダンなアレンジを施し、ジョー・ニューマン、サド・ジョーンズ、Eddie "Lockjaw" Davisら、ハードバップを代表する強者がみずみずしいソロを演奏している。ヘフティの作曲家としてのキャリアを代表する名曲であり、その後、ライブの定番曲となる”Whirly Bird"や"Li'l Darlin'"など、多くの名演が収録された。本作はグラミー賞(GRAMMY® )に輝き、ベイシー楽団はスイング時代以来の新たな黄金期を迎える。

タイトル 時間

カウント・ベイシー その他の作品

他のおすすめ