16曲、1時間2分

スタッフメモ

1980年代半ばにWorld Class Wreckin' Cruの一員として西海岸のシーンに登場し、1980年代末ごろにN.W.A.のメンバーとしてヒップホップシーンの要注目人物の一人になったドクター・ドレーが1992年にリリースした初のソロアルバムで、いわゆるGファンクサウンドを定義付けた作品として知られている。太く重いベースライン、浮遊するようなシンセの印象的なフレーズ、巧みなサンプリングに加えて生楽器も効果的に使った遅めのBPMのスムースでメロウなサウンドは、それまで主流だったサンプリング主体のサウンド作りとは明らかに一線を画した斬新な音像を描き出し、ヒップホップシーンの流れを大きく変えた。スヌープ・ドッグを世に送り出したシングル"Nuthin' but a G thang"は全米2位、本作もアルバムチャートで全米3位を記録するなど、彼をシーンの最重要プロデューサーの地位に押し上げたという意味でもヒップホップ史に残るマスターピースだ。

スタッフメモ

1980年代半ばにWorld Class Wreckin' Cruの一員として西海岸のシーンに登場し、1980年代末ごろにN.W.A.のメンバーとしてヒップホップシーンの要注目人物の一人になったドクター・ドレーが1992年にリリースした初のソロアルバムで、いわゆるGファンクサウンドを定義付けた作品として知られている。太く重いベースライン、浮遊するようなシンセの印象的なフレーズ、巧みなサンプリングに加えて生楽器も効果的に使った遅めのBPMのスムースでメロウなサウンドは、それまで主流だったサンプリング主体のサウンド作りとは明らかに一線を画した斬新な音像を描き出し、ヒップホップシーンの流れを大きく変えた。スヌープ・ドッグを世に送り出したシングル"Nuthin' but a G thang"は全米2位、本作もアルバムチャートで全米3位を記録するなど、彼をシーンの最重要プロデューサーの地位に押し上げたという意味でもヒップホップ史に残るマスターピースだ。

タイトル 時間

ドクター・ドレー その他の作品

他のおすすめ