スタッフメモ 真白なジャケットが強烈なインパクトを与える「The Beatles」通称「ホワイトアルバム」は、多種多様なスタイルの30曲を収録した2枚組オリジナルアルバムとしてリリースされた。このアルバムはアルバムコンセプトから、カバーアート、そして各曲のアレンジに至るまですべてにおいて「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」とは対照的な作品だ。"Helter Skelter"や"Yer Blues"のヘヴィロック、"Long Long Long"や"Julia"の優しいメロディ、"Revolution 9"での混沌、不協和音の波に続く"Good Night"のオーケストラによるララバイ。シンプルな弾き語りから、フォークやロック、ヘヴィロックにバラード、そしてサイケデリック、さらに壮大なオーケストラをフィーチャーした楽曲など、収録曲のバリエーションの豊かさはこのアルバムをより一層ユニークなものにしている。アルバムサイズにとらわれる事なく行われたレコーディングセッションにより、各メンバーが持っていたアイデアの実現、様々なスタイルの試みなどが可能となり、革新的な作品を創り出す事に成功した。

1
2:42
 
2
3:55
 
3
2:17
 
4
3:08
 
5
0:52
 
6
3:14
 
7
4:45
 
8
2:44
 
9
2:28
 
10
2:03
 
11
2:18
 
12
2:04
 
13
3:33
 
14
3:50
 
15
1:41
 
16
1:45
 
17
2:54
 
1
2:42
 
2
4:00
 
3
2:48
 
4
2:24
 
5
3:15
 
6
4:29
 
7
3:06
 
8
4:15
 
9
2:41
 
10
2:54
 
11
3:02
 
12
8:22
 
13
3:11
 
1
5:31
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

ビートルズ その他の作品

おすすめコンテンツ