42曲、8時間16分

スタッフメモ

チャイコフスキーに対して深い愛情を注ぎ続けてきた指揮者、セミヨン・ビシュコフ。その彼が首席指揮者を務めるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とともに、チャイコフスキーの主要な管弦楽作品をレコーディング。7つの交響曲に加え、ロシア出身の俊英キリル・ゲルシュタインとの3つのピアノ協奏曲、そして"Romeo & Juliet"、"Serenade"、"Francesca da Rimini"の3つの管弦楽小品を収録。オーケストラは内面から湧き上がってくるかのような情熱と気迫にあふれ、ビシュコフは力むことなく、流れるような優美さをたたえたサウンドを描き出す。チャイコフスキーの管弦楽の名曲の数々が、新たな生命を得て現代に蘇ったかのようだ。

スタッフメモ

チャイコフスキーに対して深い愛情を注ぎ続けてきた指揮者、セミヨン・ビシュコフ。その彼が首席指揮者を務めるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とともに、チャイコフスキーの主要な管弦楽作品をレコーディング。7つの交響曲に加え、ロシア出身の俊英キリル・ゲルシュタインとの3つのピアノ協奏曲、そして"Romeo & Juliet"、"Serenade"、"Francesca da Rimini"の3つの管弦楽小品を収録。オーケストラは内面から湧き上がってくるかのような情熱と気迫にあふれ、ビシュコフは力むことなく、流れるような優美さをたたえたサウンドを描き出す。チャイコフスキーの管弦楽の名曲の数々が、新たな生命を得て現代に蘇ったかのようだ。

タイトル 時間

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 その他の作品