9曲、31分

スタッフメモ

ヴォーカル&ギターの山路洸至を中心に京都で結成された4人組、the engy。その持ち味はシティポップに通じる洗練された音作りと、ソウル、ヒップホップ、ダンスミュージック、エレクトロニックなど、多彩なジャンルを自在に行き来する独自のセンス。ビート感弾ける"Still there?"、EDMの要素も反映させた"Sick enough to dance"など、現代のR&Bやエレクトロニカを咀嚼した緻密なサウンドの上で、山路のファルセットも交えたヴォーカルが心地よく響く。他者との会話や感情の伝達に言及した"Have a little talk"をはじめ、作品全体を通して人と人との関係性の大切さというテーマが見えてくる。気鋭のロックバンドが放つメジャーデビューアルバム。

スタッフメモ

ヴォーカル&ギターの山路洸至を中心に京都で結成された4人組、the engy。その持ち味はシティポップに通じる洗練された音作りと、ソウル、ヒップホップ、ダンスミュージック、エレクトロニックなど、多彩なジャンルを自在に行き来する独自のセンス。ビート感弾ける"Still there?"、EDMの要素も反映させた"Sick enough to dance"など、現代のR&Bやエレクトロニカを咀嚼した緻密なサウンドの上で、山路のファルセットも交えたヴォーカルが心地よく響く。他者との会話や感情の伝達に言及した"Have a little talk"をはじめ、作品全体を通して人と人との関係性の大切さというテーマが見えてくる。気鋭のロックバンドが放つメジャーデビューアルバム。

タイトル 時間

評価とレビュー

5.0/5
4件の評価

4件の評価

さまさたやはやかまやさやさや

探求者

ここ最近で一番お洒落っていう言葉が合う曲でした

the engy その他の作品