スタッフメモ ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルの肝入りでデビューした彼らのファーストアルバム。1950年代のR&Bに憧憬を抱くルー・リードと現代音楽に造詣の深いジョン・ケイルが先導するアヴァンギャルドで獰猛なサウンドは、聴き手を恍惚とさせるに十分なエネルギーを放っている。それに加え、独特の陰影美を宿すニコの歌声から漂う毒々しい気品といったら。性的倒錯者を扱った "Venus In Furs" やジャンキーの独白調の "Heroin" をはじめ、ボブ・ディランとマルキ・ド・サドの融合とも評された刺激的な内容の楽曲がずらり。その後のロック史に与えた影響は、同じ1967年に発表されたビートルズの「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」に匹敵するともいわれる。

1
2:55
 
2
4:39
 
2:38
 
5:12
 
4:22
 
6
5:59
 
7:13
 
8
2:41
 
9
2:14
 
10
3:12
 
7:47
 

その他のバージョン

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド & ニコ その他の作品

おすすめコンテンツ