15曲、48分

スタッフメモ

1930年代の上海ジャズが持っていた東洋と西洋の折衷にインスパイアされて2006年に始動した Shanghai Restoration Project 。そのバランス感覚を現代によみがえらせたような、クラブ・ジャズ〜ヒップホップ〜エレクトロニカに中国の伝統楽器を配合したサウンドが耳をとらえる。本作は、各方面で絶賛された1stアルバム「Shanghai Restoration Project」に続く2ndアルバム。タイトルの「Story of a City」は間違いなく上海シティを指す。癒し系のサウンドとファンキーなビート、透き通るような女性ボーカルと渋い男性ボーカル、相反する2つの要素を絡めながら絶妙にエキゾチックなムードを醸し出している。オープニングの "Author's Note" からいきなりアジアの弦楽器によるサウンドで幕をあけ、 "Preface" (序説)で親交の深い Di Johnston が神秘的な歌声を聴かせ、これから起こりうる嵐の前の静けさを告げる。 Julie Ann Sgroi の歌う "Last Night of the Dynasty" はポップスでありながらどこかワールドミュージックの持つテイストを兼ね備え、まるで西洋と東洋の文化が入り交じった上海そのものの雰囲気を表現しているよう。"Touchdown"でのヒップホップスタイル、"Last Morning"のゴスペル風アレンジなど様々な音楽スタイルを経て、深いエコーに包まれたヴォーカルとクラブミュージックのビートとが融合した "Afterword" で上海シティのストーリーは結びを迎える。まるでそれぞれの曲が一冊の本の"章"になったような素敵な構成。アルバムの曲の大半はこの Project のプロデューサーでありキーパーソンの Dave Liang によるもの。

スタッフメモ

1930年代の上海ジャズが持っていた東洋と西洋の折衷にインスパイアされて2006年に始動した Shanghai Restoration Project 。そのバランス感覚を現代によみがえらせたような、クラブ・ジャズ〜ヒップホップ〜エレクトロニカに中国の伝統楽器を配合したサウンドが耳をとらえる。本作は、各方面で絶賛された1stアルバム「Shanghai Restoration Project」に続く2ndアルバム。タイトルの「Story of a City」は間違いなく上海シティを指す。癒し系のサウンドとファンキーなビート、透き通るような女性ボーカルと渋い男性ボーカル、相反する2つの要素を絡めながら絶妙にエキゾチックなムードを醸し出している。オープニングの "Author's Note" からいきなりアジアの弦楽器によるサウンドで幕をあけ、 "Preface" (序説)で親交の深い Di Johnston が神秘的な歌声を聴かせ、これから起こりうる嵐の前の静けさを告げる。 Julie Ann Sgroi の歌う "Last Night of the Dynasty" はポップスでありながらどこかワールドミュージックの持つテイストを兼ね備え、まるで西洋と東洋の文化が入り交じった上海そのものの雰囲気を表現しているよう。"Touchdown"でのヒップホップスタイル、"Last Morning"のゴスペル風アレンジなど様々な音楽スタイルを経て、深いエコーに包まれたヴォーカルとクラブミュージックのビートとが融合した "Afterword" で上海シティのストーリーは結びを迎える。まるでそれぞれの曲が一冊の本の"章"になったような素敵な構成。アルバムの曲の大半はこの Project のプロデューサーでありキーパーソンの Dave Liang によるもの。

タイトル 時間

The Shanghai Restoration Project その他の作品

他のおすすめ