11曲、37分

スタッフメモ

2000年代以降のヒップホップ・シーンを代表するトラック・メーカー / プロデューサーとして高い人気を誇り、変幻自在に名義を変えながらさまざまなアーティストとのコラボレーション繰り広げる Madlib。彼を中心としたインストゥルメンタル・ジャズ・プロジェクト、 Yesterdays New Quintet 名義での2ndアルバムとして2004年にリリースされた作品。タイトルの通り、ソウル / ポップ・ミュージックのリビング・レジェンド、Stevie Wonder に捧げられていて、"Superstition" や "Too High"、"Golden Lady" といった Stevie Wonder クラシックだけでなく、Quincy Jones の1973年リリースのアルバムのタイトル・トラックになった "You've Got It Bad, Girl" 等も収録されている。全体の印象はラフでアナログな質感でありながら、同時に柔らかい肌触りを感じさせつつ、心地いいファンクネスも共存しているサウンド・プロダクションは絶妙で、原曲の素晴らしさを活かしつつも、独自の解釈で聴かせる Madlib のセンスがキラリと光っている。

スタッフメモ

2000年代以降のヒップホップ・シーンを代表するトラック・メーカー / プロデューサーとして高い人気を誇り、変幻自在に名義を変えながらさまざまなアーティストとのコラボレーション繰り広げる Madlib。彼を中心としたインストゥルメンタル・ジャズ・プロジェクト、 Yesterdays New Quintet 名義での2ndアルバムとして2004年にリリースされた作品。タイトルの通り、ソウル / ポップ・ミュージックのリビング・レジェンド、Stevie Wonder に捧げられていて、"Superstition" や "Too High"、"Golden Lady" といった Stevie Wonder クラシックだけでなく、Quincy Jones の1973年リリースのアルバムのタイトル・トラックになった "You've Got It Bad, Girl" 等も収録されている。全体の印象はラフでアナログな質感でありながら、同時に柔らかい肌触りを感じさせつつ、心地いいファンクネスも共存しているサウンド・プロダクションは絶妙で、原曲の素晴らしさを活かしつつも、独自の解釈で聴かせる Madlib のセンスがキラリと光っている。

タイトル 時間

Yesterdays New Quintet その他の作品

他のおすすめ