10曲、1時間1分

スタッフメモ

1stアルバム「Frontier」でシーンの話題をさらった MAKAI の2ndアルバム。10曲中9曲に女性ボーカリストをフィーチャーし、いい意味でのポップさも追求したハウス・アルバムだ。参加したボーカリストは、arvin homa aya、MARI、Samantha Nelson、HIROMI、SILVA、井手麻理子、有坂美香という布陣。ハウスのダイナミズムを表現するのに最適な才能が集結している。わくわくするような “Prologue” で軽やかに幕を開け、シングルとしてもリリースされた “Lifetime”、“Sunrise” で一気に MAKAI ワールドへと引き込む流れに身を任せつつ、各ボーカリストの個性を堪能。唯一のインストゥルメンタル・トラック “The Highest Moment” ではラテン風味のピアノで熱いフロアを連想させるようなムードを演出してくれる。聴きやすさと力強さが高次元で両立されている印象で、女性ボーカル・アルバムとしても楽しめる。耳の肥えたハウス・ラバーをもうならせつつも、「ハウスって何?」というビギナーの方にも薦められる作品だ。

スタッフメモ

1stアルバム「Frontier」でシーンの話題をさらった MAKAI の2ndアルバム。10曲中9曲に女性ボーカリストをフィーチャーし、いい意味でのポップさも追求したハウス・アルバムだ。参加したボーカリストは、arvin homa aya、MARI、Samantha Nelson、HIROMI、SILVA、井手麻理子、有坂美香という布陣。ハウスのダイナミズムを表現するのに最適な才能が集結している。わくわくするような “Prologue” で軽やかに幕を開け、シングルとしてもリリースされた “Lifetime”、“Sunrise” で一気に MAKAI ワールドへと引き込む流れに身を任せつつ、各ボーカリストの個性を堪能。唯一のインストゥルメンタル・トラック “The Highest Moment” ではラテン風味のピアノで熱いフロアを連想させるようなムードを演出してくれる。聴きやすさと力強さが高次元で両立されている印象で、女性ボーカル・アルバムとしても楽しめる。耳の肥えたハウス・ラバーをもうならせつつも、「ハウスって何?」というビギナーの方にも薦められる作品だ。

タイトル 時間

評価とレビュー

3.7/5
28件の評価

28件の評価

にきーた

女性に好まれそうだな♪

とても聞きやすくてHOUSEの入り口にもってこいではないでしょうか。

また、これからの季節にもイイですね♪

kumamiyu

音はいいけど・・・

音楽というか 音は良く出来ているけど 特に女性ボーカルの英語が聞くに堪えない
最初は何語かと思った New Day ferst~ は特にひどく購入した中で唯一ファイル削除をしてしまった
素直に日本語の方がまだよかったんじゃないかな

coooo

とにかく聴きやすい!!

ほぼ全部が歌モノHOUSEになってるのでとっても聴きやすい1枚。
参加している女性ボーカルも著名な方ばっかりで聴き応え充分です☆捨て曲なし!
これから期待大なアーティスト、MAKAIはこれから相当なところまでいきそうです!!

MAKAI その他の作品

他のおすすめ